緩和ケアチーム

群馬県立がんセンター 緩和ケアチームは、外来通院中・入院中の患者さんの苦痛を早期に同定し、適切に介入することで、患者さん・御家族の苦痛を軽減するために活動しています。“早期からの緩和ケア”の実践を目標とし、身体的・心理的・社会的・スピリチュアルな苦痛を包括的に評価し、効果的な介入を行うため多職種によるチームを構成しています。

構成メンバー

身体症状を担当する医師・精神症状を担当する医師・緩和ケア認定看護師・がん看護専門看護師・薬剤師・臨床心理士・医療ソーシャルワーカー

活動内容

緩和ケア・チームラウンド:毎週水曜日に担当医師・スタッフからコンサルトのあった患者さんの苦痛を評価し必要な治療・ケアについての提案を行っています。苦痛の評価に関しては緩和ケアの評価尺度であるSTAS-J(Support Team Assessment Schedule-日本語版)を用い、継続的な介入が必要なケースではラウンド日以外にも診察・対応を行っています。

  • がん治療と緩和ケア割合の図

    引用元:緩和ケア.net


「自分は、抗がん治療をしているから、緩和ケアチームには関係がない」とお考えの方もおられるかもしれません。しかし、多くの患者さんが“がん”と診断された時から様々な苦痛を体験されている事が明らかとなっています。上記の図のように、がんの治療と緩和ケアは並行して行われるものと考えられています。
ご自分・御家族が緩和ケアチームの対象かどうかについてわからない場合、あるいは、ご自分の状態が上記の苦痛に該当し、緩和ケアチームに相談してみたい場合には、担当の看護師や担当医までお気軽にご相談ください。適応があると判断された後に、緩和ケアチームの担当者が病室まで伺い、外来・病棟スタッフと連携して苦痛緩和の対応をさせていただきます。



  • がん診療連携拠点病院指定病院

診療日 月曜日から金曜日(祝日・年末年始を除く)
各科の診療日は外来担当医表でご確認ください。
受付時間 午前8:30~午前11:00
代表電話 0276-38-0771
予約専用電話 0276-38-0762(平日 午前9:00~午後5:00)
(土曜日 午前9:00~午後1:00)

ページトップへ