医療安全管理室

ご案内

「すべては患者さんのために」
私たちは、患者さんの気持ちを尊重し、安心と満足が得られる高度のがん医療を目指すとともに、事故のない安全な医療の提供を目指します。


業務内容

  1. 医療事故及びヒヤリハット事例の収集・調査・分析・評価・対策
    報告された事例や情報について、事実関係を明らかにし当該部署やリスクマネージャー等と協働し、原因分析や対策立案を行っています。また、「医療安全管理室通信」等を発行し対策等を周知しています。
  2. 医療安全カンファレンス
    多職種で協議し、具体的対策を検討し評価しています。
  3. 医療安全巡視
    定期的に院内を巡視し、5S活動(整理・整頓・清潔・清掃・習慣化)を推進しています。
  4. 職員への教育・研修企画、運営
    年2回、全職員を対象に医療安全研修会を開催しています。この他、BLS/ICLS研修、コード・ブルー訓練等の実践教育を行い、救急時対応が行える職員の育成に努めています。
  5. 医療事故への対応
    医療事故が発生した場合は、関係者への対応について支援するとともに、再発防止のための調査や報告書のとりまとめに協力し、院内への周知を図ります。
  6. 医療安全に関する相談
    がん相談支援センターと協働し、医療事故等に対する相談に対応しています。

ご挨拶

「To err is Human. ヒトは間違うものである」
多くの事故はヒューマンエラーによって起こります。
しかし、その背景にはシステムのエラーや環境の不備などが隠されています。
リスクを予知し、事故の発生を未然に防ぐため、各部門にリスクマネージャーを配置し、医療の安全の確保に努めています。
また、医療安全管理委員会、リスクマネジメント委員会を開催し、より安全な医療システムの構築に努めています。
さらに、医療安全の講習会・研修会を開催し、スタッフ一人ひとりの医療安全の意識の向上に努めています。

医療安全管理室長
湊 浩一



  • がん診療連携拠点病院指定病院

診療日 月曜日から金曜日(祝日・年末年始を除く)
各科の診療日は外来担当医表でご確認ください。
受付時間 午前8:30~午前11:00
代表電話 0276-38-0771
予約専用電話 0276-38-0762(平日 午前9:00~午後5:00)
(土曜日 午前9:00~午後1:00)

ページトップへ