核医学検査(PET/CT)

核医学検査とは、放射性医薬品を注射等により患者さんの体内に投与し、その集積を調べる検査です。各放射性医薬品は、それぞれ特定の臓器に集まりますが、そこから発する信号(γ線)を体のそとから特殊なカメラ(ガンマカメラ)を用いて撮影し、病気の診断をします。当センターではガンマカメラを用いた検査として、主に骨シンチグラフィー・ガリウムシンチグラフィー等が行われています。

  • ガンマカメラ装置

    ガンマカメラ装置

  • 骨シンチ画像

    骨シンチ画像


  • PET-CT装置

    PET-CT装置

また、新病院開院にあたり最新鋭のPET/CTが導入されました。がん細胞は通常細胞に比べ、約3~8倍のブドウ糖を消費する性質があります。そこでブドウ糖に似た検査薬(FDG)を体内に注入し、その集まり具合を画像化すれば体の深部の比較的小さいがんを検出できます。


これをPETといい、核医学検査の1つです。PET-CT装置は、このPET画像にマルチスライスCTスキャナによる画像を融合して、がんの代謝や性質に加え形状や場所を画像として確認し、さらに悪性度を精密に診断することができます。
  • PET-CT画像

    PET-CT画像

  • PET-CT画像

    PET-CT画像



  • がん診療連携拠点病院指定病院

診療日 月曜日から金曜日(祝日・年末年始を除く)
各科の診療日は外来担当医表でご確認ください。
受付時間 午前8:30~午前11:00
代表電話 0276-38-0771
予約専用電話 0276-38-0762(平日 午前9:00~午後5:00)
(土曜日 午前9:00~午後1:00)

ページトップへ