一般撮影/透視検査

  • 一般撮影装置

    一般撮影装置

一般撮影は主に胸・腹・骨の造影剤を使用しないX線撮影の事を言います。

胸部写真は情報量の非常に多い検査であり、胸部疾患の診断治療に欠かせない検査です。また、他の疾患でも入院前のスクリーニングとして撮影します。


  • 胸部単純画像

    胸部単純画像

腹部写真は対象となるものもきわめて多く、腸内のガスとその位置的変化、肝・腎その他の臓器の腫瘍や結石、臓器の位置・大きさ・形状なども判定する事ができます。また、次にどのような検査を行うかの指標を示す意義もあります。

骨撮影では腰痛などの痛みの原因を同定したり、骨折などの有無を調べます。


X線テレビを用いた透視検査は微量なX線を出し続けることにより、リアルタイムで画像を見ながら検査や処置を行います。対象となるものも多く、胃や腸などのバリウム検査をはじめ、様々な検査や処置が行われています。

  • 透視装置

    透視装置

  • 胃バリウム検査画像

    胃バリウム検査画像



  • がん診療連携拠点病院指定病院

診療日 月曜日から金曜日(祝日・年末年始を除く)
各科の診療日は外来担当医表でご確認ください。
受付時間 午前8:30~午前11:00
代表電話 0276-38-0771
予約専用電話 0276-38-0762(平日 午前9:00~午後5:00)
(土曜日 午前9:00~午後1:00)

ページトップへ