乳房撮影

  • 乳房撮影装置

    乳房撮影装置

乳がんは日本において近い将来、胃がんを抜いて女性のがん死亡率のトップになるといわれています。乳房にできた病気を専用のX線撮影装置を使って撮影します。撮影時に強く押さえるので多少の痛みを伴いますが、乳がんの診断には10分の1ミリというとても小さな病変だけが早期発見の手がかりとなることもあり、乳房を均等に圧迫して良い写真を撮ることが必要なのです。


  • 乳房画像

    乳房画像

新病院開院にあたり、最新鋭のデジタル乳房撮影装置が導入され、画像処理によってより精密な検査が可能となりました。


  • マンモトーム装置

    マンモトーム装置

また、当センターには最新鋭の機器であるマンモトームが導入されました。マンモトームとは、乳房生検専用の装置で、吸引式針生検装置のことです。マンモグラフィで病変の位置を確認しながら十分な量の組織を採取できるため、精度の高い病理組織診断が行えるのが特徴です。乳房を切開し生検針を挿入しますが、傷痕が非常に小さいのも特徴の1つです。
超音波(穿刺)検査では判らない微小石灰化を伴う早期乳がんの診断に威力を発揮します。



  • がん診療連携拠点病院指定病院

診療日 月曜日から金曜日(祝日・年末年始を除く)
各科の診療日は外来担当医表でご確認ください。
受付時間 午前8:30~午前11:00
代表電話 0276-38-0771
予約専用電話 0276-38-0762(平日 午前9:00~午後5:00)
(土曜日 午前9:00~午後1:00)

ページトップへ