輸血検査

輸血は血液の病気で正常に血液が産生されなかった場合や、消化管などからの出血により貧血になった場合、また手術中の出血時などに行われます。

血液製剤には、赤血球製剤、血小板製剤、血漿製剤、アルブミン製剤などがあり、これらの血液製剤の発注、保管、出庫を行っています。

赤血球製剤は慢性や急性の出血時や貧血の改善に使用されます。血小板製剤は血小板数の減少や、血小板が正常に機能しないため出血が止まらない時に、止血や出血の予防に使用されます。血漿製剤は、凝固因子(血液を固まらせる成分)が不足し、出血しやすい時に使用されます。

輸血が必要な時は適合性の検査を行い、適切な血液製剤を選択しています。献血者の善意により供給されている血液製剤が廃棄にならないように、適正な在庫管理を行うように努力しています。

  • 血液製剤

    血液製剤



  • がん診療連携拠点病院指定病院

診療日 月曜日から金曜日(祝日・年末年始を除く)
各科の診療日は外来担当医表でご確認ください。
受付時間 午前8:30~午前11:00
代表電話 0276-38-0771
予約専用電話 0276-38-0762(平日 午前9:00~午後5:00)
(土曜日 午前9:00~午後1:00)

ページトップへ