呼吸器外科

ご案内

呼吸器外科では、主に消化器系を除く胸腔内臓器に発生した腫瘍(肺癌、転移性肺腫瘍、縦隔腫瘍、胸壁腫瘍など)の外科的治療を担当しています。

方針

 基本的に肺癌の治療は「肺癌診療ガイドライン」に基づいて行います。
 手術のアプローチは、術後のQOL(Quality of Life:生活の質)の維持・向上を目的に、低侵襲である胸腔鏡下手術を基本的に行っています。
 当院では2005年から胸腔鏡下手術を本格的に導入し、これまでは胸腔内を直視できる程度の小開胸創を用いる直視下併用のHybrid VATSで行っていました。
 2012年からは小開胸創を更に小さくしてモニター視のみで行うComplete VATSを徐々に導入し、2014年には胸腔鏡で行う手術は全例Complete VATSで行っています。
 Complete VATSを行うようになって助手のみならず手術室の全てのスタッフが術野を見て情報を共有することが出来るため、緊密な連携を取ることが出来るようになり手術のクオリティや安全性が高まりました。
 胸腔鏡下手術が不可能な進行した症例には開胸手術を行いますが、可能な限り創は小さく筋肉を温存し、QOLの維持・向上に努めています。
 また、進行症例に対しては、呼吸器内科および放射線治療部と連携して包括的な治療を行っています。


主な実績

平成28年度肺がん手術例(術式)
 肺全摘肺葉切除区域切除部分切除試験開胸
症例数05847372

平成28年度呼吸器外科手術症例数
疾患肺がん転移性肺腫瘍縦隔腫瘍その他
症例数7216714109

呼吸器外科手術件数の年次推移
年度呼吸器外科手術件数肺がん手術件数
平成24年度11658
平成25年度10760
平成26年度11465
平成27年度12977
平成28年度10972

主な認定

  • 日本外科学会外科専門医制度修練施設
  • 呼吸器外科専門医合同委員会認定修練施設(基幹施設)
  • JCOG参加施設

医師紹介

 

職・氏名

卒業年次・大学


専門領域

資格等

呼吸器科部長
藤田 敦

平成7年
杏林大学医学部


呼吸器外科

日本外科学会外科専門医・指導医
日本呼吸器外科学会 呼吸器外科専門医・評議員
日本がん治療認定医機構がん治療認定医
インフェクションコントロールドクター(ICD)
肺がんCT検診認定医師

部長
小野里 良一

平成14年
岩手医科大学医学部


呼吸器外科

日本外科学会外科専門医
日本呼吸器外科学会呼吸器外科専門医
日本がん治療認定医機構がん治療認定医
肺がんCT検診認定医師



  • がん診療連携拠点病院指定病院

診療日 月曜日から金曜日(祝日・年末年始を除く)
各科の診療日は外来担当医表でご確認ください。
受付時間 午前8:30~午前11:00
代表電話 0276-38-0771
予約専用電話 0276-38-0762(平日 午前9:00~午後5:00)
(土曜日 午前9:00~午後1:00)

ページトップへ