腫瘍内科

ご案内

腫瘍内科では『がん』を患っている方の適切な抗がん薬治療を行うために、臓器ごとの診療科の協力を仰ぎながら包括的な診療を行っています。

特にそれぞれの臓器では解決が難しいと思われる原発不明がんの診断から治療も対応しております。


方針

抗がん薬の効果を最大限に発揮するために、外科や放射線治療を組み合わせた集学的な治療、ならびに副作用対策(支持療法)を十分に行います。併存基礎疾患や、心理的な悩みなども含めて治療に伴う合併症をもつ場合にも、各診療科の医師のみならず看護師・薬剤師・栄養士・心理士などの専門家の協力を得て、チーム医療としての調整役を担い連携して適切な診療を行っていきます。

診断の困難な症例、例えば『腫瘍マーカーが上がってしまったが、どこにも原発が見つけられない』などの診断も、各専門的な診療科との連携によって対応させていただきます。


特徴

科学的根拠に基づいた診療を行っております。それぞれの方の状態に合わせて柔軟な治療を相談させていただきます。また、当院はゲノム医療連携病院であるため、原発不明がんのような治療法の確立していない、もしくは標準治療が困難となった症例の治療に対して遺伝子パネル検査を利用して診療に携わっていきます。


医師紹介

職・氏名

卒業年次・大学


専門領域

資格等

部長
荒木 和浩

平成8年
琉球大学医学部


腫瘍内科、がん薬物療法

日本臨床腫瘍学会がん薬物療法専門医・指導医
日本臨床腫瘍学会指導医審査部会委員
日本乳癌学会乳腺専門医・認定医
日本がん治療認定医機構がん治療認定医・暫定教育医
日本呼吸器学会呼吸器専門医
日本内科学会総合内科専門医・内科医
日本臨床薬理学会臨床薬理専門医


  • がん診療連携拠点病院指定病院

診療日 月曜日から金曜日(祝日・年末年始を除く)
各科の診療日は外来担当医表でご確認ください。
受付時間 午前8:30~午前11:00
代表電話 0276-38-0771
予約専用電話 0276-38-0762(平日 午前9:00~午後5:00)
(土曜日 午前9:00~午後1:00)

ページトップへ