当センターのあゆみ

当センターは、昭和30年11月に結核予防対策の一環として設置された「群馬県立東毛療養所」に始まり、その後の結核の衰退にともない、昭和40年4月から一般診療科を加えて「群馬県立東毛病院」と改称されました。さらに、昭和47年4月には、成人病に対する国民的関心の高まりとその対策の重要性に鑑み「群馬県立がんセンター東毛病院」とし、そして平成10年4月1日に本県がん対策の中心的役割を果たすため「群馬県立がんセンター」と改称され現在に至っています。


年月概要
昭和30年11月群馬県立東毛療養所として発足(病床数250床)
昭和37年 4月太田市ほか5町村立伝染病院診療業務受託
昭和39年12月病室用途変更による減床(病床数235床)
昭和40年 4月「群馬県立東毛病院」に改称
一般診療開始(病床数235床(一般44、結核191))
昭和46年 3月新病棟第1期工事完成(病床数310床(一般160、結核150))
昭和46年 6月新病棟第2期工事完成(病床数380床(一般250、結核130))
昭和47年 4月群馬県立がんセンター東毛病院に改称
 6月外来診療棟竣工
 9月RI治療棟竣工
昭和48年10月結核病床減床(病床数330床(一般250、結核80))
昭和54年 3月放射線診断棟竣工
 4月結核病床廃止(病床数250床)
 7月6階病棟増築工事竣工
10月6階病棟増床(病床数316床)
昭和60年 4月太田市ほか2町伝染病院組合立伝染病院運営業務受託(病床数356床(一般316、伝染病40))
昭和63年 3月MR棟竣工
平成 8年 3月新ライナック棟竣工
平成10年 4月群馬県立がんセンターに改称
平成11年 3月伝染病棟廃止(病床数316床)
平成17年 3月新病院建設工事着工
平成19年 2月新病院竣工
 5月新病院開院(病床数332床)
平成26年 3月緩和ケア病棟竣工
リニアック棟竣工
 6月緩和ケア病棟開棟(病床数357床)
平成28年11月通院治療センターが1階から5階西病へ移転(病床数314床)
12月入院支援センター開設
平成30年10月がんゲノム医療連携病院に指定

人が乗る裸馬埴輪

「人が乗る裸馬埴輪」は、昭和44年に当センター敷地内にあった養護学校の体育館建設工事の際に出土したもので、6世紀前半頃の製作と推定されています。

太田市の重要文化財に指定され、当センター1階ロビーに展示しています。

  • 人が乗る埴輪


  • がん診療連携拠点病院指定病院

診療日 月曜日から金曜日(祝日・年末年始を除く)
各科の診療日は外来担当医表でご確認ください。
受付時間 午前8:30~午前11:00
代表電話 0276-38-0771
予約専用電話 0276-38-0762(平日 午前9:00~午後5:00)
(土曜日 午前9:00~午後1:00)

ページトップへ