院長あいさつ

平成31年4月
群馬県立がんセンター
院長 鹿沼 達哉

 群馬県立がんセンターは、1955年に群馬県立結核療養所として開設した病院が、1972年に群馬県立がんセンター東毛病院へと発展し、1998年に群馬県立がんセンターと改称し、現在に至っています。同年12月には、地域がん診療連携拠点病院の指定を受け、東毛地域のがん診療の拠点として、地域医療に貢献しています。鶴舞う形の群馬県の、首の付け根に位置しており、二次医療は細長く、実際の患者さんは、群馬県東部、埼玉県北部、栃木県南部にお住まいの方々にご利用いただいております。

 消化器外科、呼吸器外科、泌尿器科などでは内視鏡手術を積極的に取り入れ、低侵襲手術を提供しています。放射線治療では、強度変調放射線治療、立体照射、小線源治療などにも力を入れ、根治療法から緩和治療まで幅広く行っています。画像診断では、PET/CT、MRI、CTなど最新設備を備え、目的に応じて選択し、最善の診断根拠を得るよう心がけています。また、腫瘍マーカーを含む血液検査は、1時間で結果を説明できるよう、迅速な対応に尽力しています。

 私たちが大切にしていることは、患者さんの命に他なりません。がんが治るよう最善を尽くします。そのためには患者さんのご協力も必要です。よい医療を行う上で大切なことは、患者さんおよびご家族への十分な説明と、ご理解ご納得していただいた上でのご同意です。医療改革が様々な形で推し進められています。群馬県立がんセンターも、2016年4月からDPC(包括支払い制度)病院に移行します。医療の質を担保するために必要なデータ報告を厚労省に提出できるようになりました。どのように制度が変わろうとも、患者さんの意志を尊重し、ご家族も納得できる医療を提供すること、医療倫理に根ざした医療を行うことが大切と考えています。安全安心な医療を届けられるよう、職員一同いっそう努力してまいります。

 標準治療について記された診療ガイドラインが、様々な疾患で整備されてきていますが、現在の医療では最善の治療方針であるとしても、そのまますべての患者さんに適応することが患者さんにとって最善であるかどうかの検討は必要と考えています。患者さんひとりひとりの症状に照らして最善ながん医療を提供できるよう、多職種チーム医療を実践します。

 がん医療の王道は臨床試験だとされています。現時点で最善と判断される治療よりも、さらに有用な可能性のある治療を受けることができるからです。日本で行われている臨床試験の多くに当センターは参加しています。治療の選択肢は多岐にわたりますので、医師任せに治療を受けるのではなく、説明をご理解いただいた上、ご自身とご家族とで、治療選択いただきたいと考えます。大部分のがん医療には、その時間が与えられ、またそのお手伝いをする医師以外のスタッフも準備されています。

 病院スタッフは各々がプロフェッショナルとして患者さんに寄り添います。決して一人で悩まず、ご相談下さい。患者さん、ご家族の悩みに寄り添い、大切な患者さんをご紹介していただいた地域の先生方の信頼を得ること、また上手に治療したあとは患者さんをご紹介先かかりつけ医にお返しできるよう努めています。緩和ケア病床は在宅療養との橋渡しと考え、地域の在宅ケアを担う先生や訪問ステーションの看護師さんとも協力体制を作って行きたいと考えております。

 最後に、対策型検診で異常を指摘され、精密検査を受けるようにと連絡があった方は、地域連携室にお電話いただければ、直接予約をお取りいただけます。また、ご紹介いただく先生方や患者様から長いとご指摘をいただいていた紹介から初診までの期間は、長くても1週間以内となるよう努めてまいります。センター機能を果たすことが使命と考え、病院の改革を遂行します。



  • がん診療連携拠点病院指定病院

診療日 月曜日から金曜日(祝日・年末年始を除く)
各科の診療日は外来担当医表でご確認ください。
受付時間 午前8:30~午前11:00
代表電話 0276-38-0771
予約専用電話 0276-38-0762(平日 午前9:00~午後5:00)
(土曜日 午前9:00~午後1:00)

ページトップへ