教育プログラムについて

当院看護部は、看護師個々が、看護専門職者としての責務を遂行するために必要な能力・がん看護に必要な能力の獲得・維持・向上を目的に、院内教育プログラムを立案・実施している。


教育理念

  • がんセンターとしての責任と自負を持ち看護実践ができる看護師を育成する。
  • がん看護実践に強い看護師を育成する。

教育目標

  • 個々の習熟度に応じたキャリア開発を支援する。
  • 専門性の高い看護サービスが提供できる看護師を育成する。
  • 安全な医療・看護を提供できる教育・研究活動に取り組む。

看護部教育の実際

  • クリニカルラダー
     クリニカルラダー教育は、患者一人ひとりに提供する知識と看護技術を基に、看護場面において的確なアセスメントができる看護師の育成を行うことである。その到達度によって看護実践能力レベルを客観的に確認し、看護師個々が自己の課題を明らかにしながら、能力開発に繋げている。
  • 新規採用者教育
     新規採用者研修は、知事部局との合同研修、病院局職員研修、県立4病院看護部合同職員研修に引き続き、院内研修を実施している。院内研修は、教育委員会が中心となって、企画・運営しているが、安全・感染などの教育は、委員会の担当に依頼し実施。また、専門看護師・認定看護師による講義、演習を展開している。
     これらの新規採用者研修は、看護師としての経験がある既卒の採用者であっても、社会人としての基礎知識や、県立病院看護師として求められる基本的なかつ一般的な事項の習得及び当院のシステムやルールを覚えるため受講を義務付けている。
  • プリセプターシップ
     新規採用者に先輩看護師がついて、1年間マンツーマンで教育指導を行っている。
    プリセプターシップは研修プログラムにより展開される。当院のプリセプターは、基礎教育レベルⅢ-1の研修が終了した看護師が対象である。
  • 入職年数別研修
     入職年数別に、レベルⅠ、レベルⅡ、レベルⅢ-1、レベルⅢ-2、レベルⅣに分類している。
     レベルⅠは、がん看護に必要な基本的知識の習得、レベルⅡは、プライマリ・ナースに必要な基本的知識の習得、レベルⅢ-1は、リーダーやプリセプターの役割の習得、レベルⅢ-2は、リーダーやプリセプターの実践を通しての問題解決、また、キャリアアップについて再考、レベルⅣは、質の高いがん看護の習得、管理的・教育的・倫理的視点でリーダーシップを発揮する能力を習得する。
  • 役職・役割別研修
     看護師長・副看護師長を対象とした人材育成研修、新人の教育を担う教育担当者、プリセプターの役割を担う人を対象とした研修、勤務帯リーダーを対象とした能力向上研修、看護助手を対象にした安全・感染予防などの研修を組み入れている。
  • 全看護職員
     がん看護では、基礎編、実践編に分かれ、各々専門看護師・認定看護師が講師となり、自分の学習ニードに合わせて学習できるようになっている。また、最新の知識、看護実践への活用、キャリアアップの再考、研究なども組み入れている。
  • 教育プログラム

院内教育プログラム骨子

 
ラダーレベルレベルⅠレベルⅡレベルⅢレベルⅣ
大目標基準に沿って、あるいは部分的に指導を受けながら看護を実践する自立してほぼ一人で看護を実践するリーダーの視点で自主的に看護を実践する
後輩の指導をしながら看護を実践する
教育的役割を果たす
所属全体の動きを見ながら所属を越えて業務を調整し看護を実践する
教育計画
レベル
レベルⅠレベルⅡレベルⅢ-1レベルⅢ-2レベルⅣ
目的がんセンターにおける看護の基本を習得する受け持ち看護師として患者を看護する能力を習得するリーダー体験を通して看護の実践能力を養う
リーダーの役割を習得する
プリセプターの役割を習得する
リーダーとしての自分を振り返り、自立したリーダーとして成長する
プリセプターとしての自分を振り返り、人材育成の大切さを習得する
  • より質の高いがん看護のスキルを習得する
  • 管理・教育・倫理的視点でリーダーシップを発揮する能力を養う
目標
  • 病院の特殊性を理解する
  • 受け持ち患者の看護に責任をもち展開する
  • 患者の個別性を重視した看護を実践する
  • リーダー、プリセプターの実践を通して、自己の活動を評価する
  • がんの治療における質の高い看護を実践する
  • 看護過程の基本を再確認する
  • 受け持ち患者の看護を通して、自己の看護を振り返る
  • リーダーの役割と機能を理解する
  • 病棟の問題解決にリーダーシップを発揮する
  • 看護管理の基本を理解し、常に管理的視点で業務にあたる
  • がん治療、看護の基本を理解する
  • 受け持ち患者の看護の経過を文章にまとめ、客観的評価をする
  • リーダーの体験を通し自己のリーダー像を見つける
  • プリセプターとしてプリセプティを教育・支援する
  • 教育の基本を理解し、学生やスタッフを教育的に支援する
  • 職業人として心身ともに安定する
  • 受け持ち看護師としての課題を明確にする
  • プリセプターの役割を理解する
  • キャリアアップの自己の方向性について示唆を得る
  • 4倫理的な問題を解決する方法を理解し、スタッフの直面した問題の解決に向けて支援する
学習形態
  • 時間内集合研修
  • 院外研修
  • 病棟OJT
  • 時間内集合研修
  • 院外研修
  • 病棟OJT
  • 時間内集合研修
  • 院外研修
  • 病棟OJT *リーダー体験
  • 時間外集合研修
  • 院外研修
  • 病棟実践
  • 時間外集合研修(任意)

  • 院外研修

  • 病棟実践

研修項目
  • 新規採用者オリエンテーション
  • がん看護の基本的知識
  • フィジカルアセスメント 看護過程
  • 医療安全と問題解決
  • フォローアップ
  • 受け持ち看護師の役割
  • ケースレポートのまとめ方
  • ケースレポート
  • 看護観
  • がん看護
  • リーダーの役割
  • リーダーの業務
  • 人材育成
  • プリセプターの役割
  • がん看護
  • リーダーの実践と評価
  • プリセプターの実践と評価
  • 看護観
  • キャリアアップデザイン
  • がん看護
  • がん看護

  • 看護管理

  • 看護教育

  • 看護倫理


院内教育プログラム

 
ラダー
レベル
教育計画
レベル
研修名内容対象者






採用時研修1病院の運営と職員の服務、医療安全対策、情報管理、看護部の方針と教育計画、看護実践に必要な知識と技術平成29年4月新規採用者
採用時研修2手術療法・放射線療法・化学療法と看護、フィジカルアセスメント、電子カルテ操作、輸血の取り扱い、クリニカルパス、麻薬管理平成29年4月新規採用者
平成29年7、10月新規採用者

緩和ケア、
インフォームドコンセント

緩和ケア
疼痛と看護
正常の心電図
平成28年4月新規採用者
がん看護の基礎2緩和ケア
疼痛と看護
インフォームドコンセント
平成29年4、7月新規採用者
看護過程、記録看護過程とは
事例を通した看護過程の展開演習
看護記録とは
平成29年4月、7月新規採用者
褥瘡褥瘡ケア平成29年4、7月新規採用者
医療安全と問題解決目標の中間評価平成29年4月新規採用者
医療安全に関する事例検討
(問題の明確化と対策の検討)
平成29年4、7、10月新規採用者
(平成29年1月採用者を除く)
接遇接遇平成29年4、7月新規採用者
フォローアップワールドカフェ平成29年4月新規採用者
*12月は4月、7月採用者
ワールドカフェ平成29年10月以降新規採用者
輸液ポンプ・シリンジポンプのトラブルシューティング平成29年4、7、10月新規採用者
メンタルヘルス平成28年4、7、10月新規採用者
まとめ(ポートフォリオ)平成29年4、7月新規採用者






受け持ち看護師の役割受け持ち看護師の役割入職2年目看護師及び希望者
看護過程
コミュニケーション技術
看護倫理
家族看護
ケースレポートケースレポートと看護理論入職2年目看護師及び希望者
ケースレポートの具体的方法
予演会
発表会
看護観
自己の看護観についてグループワーク
<院内公開講座>
フィジカルアセスメント(応用編)
フィジカルアセスメント 呼吸・循環・体温①
フィジカルアセスメント 呼吸・循環・体温②
入職2年目看護師及び希望者
<院内公開講座>
創傷・排泄管理
創傷ケア
排泄ケア
入職2年目看護師及び希望者








勤務帯リーダーの役割リーダーシップ理論とリーダーの役割、業務入職3年目看護師及び希望者
ファシリテーションとカンファレンス
緊急事態、事故発生時の対応と分析
*リーダー体験と評価
看護過程の復習(患者参加型の看護、アセスメント、評価・修正の指導)
がんサバイバーシップ
コミュニケーションの技術(アクティブリスニング、コーチング)
がん相談支援センターの役割機能と社会的資源の活用
プリセプターの役割人材育成について入職3年目看護師及び希望者
プリセプターの基本的役割
プリセプティとの関係の構築





勤務帯リーダーの実践所属内の問題の共有と解決すべき問題の明確化
ストレスマネージメント
初めてリーダーの役割を担う看護師及び希望者
問題の解決に向けた方法の検討
問題の解決に向けた実践の中間評価
問題解決の評価
プリセプターの実践とフォローアップ情報の共有プリセプター実践者
問題点の明確化
解決方法の検討と実践
キャリアップデザインキャリアアップの道筋を提示入職4年目看護師及び希望者
看護観リーダーとしての看護観の共有
キャリアアップに関する考えのまとめ
入職4年目看護師及び希望者






看護管理中堅看護師としての自分と向き合う
組織とマネジメント
リーダーシップとマネジメント
自分がしたい看護の意識化
入職5年目以上の看護師及びリーダーを実践している希望者
看護教育教育とは
指導上の問題の原因
問題解決の方向性の検討
入職5年目以上の看護師及びリーダーを実践している希望者
看護倫理倫理的な問題を解決する方法入職5年目以上の看護師及びリーダーを実践している希望者
 


がん看護 (基礎・実践)緩和ケア:ELNEC-J入職2年目以上の看護師 及び県立4病院の看護師
科学療法
(基礎編・実践編)
基礎:希望者
実践:入職4年目以上の看護師
手術療法
(基礎編・実践編)
基礎:希望者
実践:入職4年目以上の看護師
放射線療法
(基礎編・実践編)
基礎:希望者
実践:入職4年目以上の看護師







看護実践に役立つ内容人工呼吸器と肺理学療法希望者
リンパ浮腫 講義希望者
リンパ浮腫 実践:上肢希望者
リンパ浮腫 実践:下肢希望者




最新の話題退院支援希望者
創傷・排泄管理院内外看護師希望者

看護研究院外研究発表報告会希望者



長期研修報告会キャリアアップチャレンジ技術コース修了者、長期研修受講者の伝達講習希望者
長期研修受講者の伝達講習希望者





 教育担当者研修新人看護職員研修ガイドラインにおける教育担当者の役割29年度新たな教育委員
教育委員
人材育成研修
(看護師長・副看護師長)
人材育成
目指すべきリーダーとしての姿
看護師長
副看護師長
勤務帯リーダー
レベルアップ研修
看護師のキャリアディベロップメントと自己評価
「勤務帯リーダー役割自己評価尺度」の概要
尺度の測定方法と解釈方法
課題の克服方法の検討
平成21~23年度入職者(4病院異動者含む)病棟のスタッフ看護師
第1回の測定結果と克服方法実践後の測定結果の比較
グループワークによる課題の克服状況の確認
新たな課題に対する克服方法の検討
プリセプター研修新人看護職員研修ガイドラインにおけるプリセプターの役割
研修体制と計画の概要
チェックリストや目標評価の記載方法
29年度プリセプター
*3月は30年度プリセプター
  看護助手研修組織の理解
看護助手の役割
医療事故防止
感染防止
情報管理
清潔ケア、環境整備
看護助手

新人看護職員臨床研修プログラム

  • 29年度臨床研修プログラム 臨床プログラム
上のプログラムを詳しく見たい方(ダウンロードしたい方)は下のリンクからPDFファイルがご覧いただけます。




レベルⅠ

私は他の病院から移ってきましたが、基礎から研修を受けさせていただいています。
がん専門病院ということもあり、化学療法や放射線療法に不安がありましたが、基礎から学ぶことができ、業務に取り組みことができます。



がんセンターの研修の良いところは、即実践に活かせるところです。どのような看護をするべきか悩むこともありますが、そういう時は研修で得た知識を再確認します。そうすることで、根拠に基づいた良い看護を提供するよう心がけています。

レベルⅡ

私は入職2年目で、事例研究の研修に参加しています。自分たち看護を振り返り、今後の看護に活かせるよう学んでいます。月に1回の研修は、ふだんなかなか会えない同期の仲間と会える時間でもあり、楽しく学んでいます。



当院では、医師や専門看護師、認定看護師による研修制度が充実しているため、日々、患者さんに良い看護ができるよう知識や技術の向上に励みやすい環境にあります。スタッフも仲が良く、毎日、笑顔で働いています。

レベルⅢ

3年目研修では、プリセプターシップやリーダーシップなど、今後指導していく立場として学んでいます。  普段の業務のなかではまだまだ自分のことで精一杯な部分はありますが、後輩たちに的確なアドバイスができた時、自分自身は少しステップアップしてると実感しています。  研修で学んだことを活かし、今後も業務に取り組み、頼れる存在でありたいと思ってます。


3年目研修として、リーダー研修・プリセプター研修を受けてます。指導してくださるのは病棟で働いている先輩の看護師や師長さんです。内容も分かりやすく、事例を通しての講義や、同じ3年目の看護師の実体験や困っていること、疑問に思っていることなどを話し合うこともあります。質問しやすい雰囲気を作ってくれており、とても自分のためになり、学びやすく楽しい研修です。



  • がん診療連携拠点病院指定病院

診療日 月曜日から金曜日(祝日・年末年始を除く)
各科の診療日は外来担当医表でご確認ください。
受付時間 午前8:30~午前11:00
代表電話 0276-38-0771
予約専用電話 0276-38-0762(平日 午前9:00~午後5:00)
(土曜日 午前9:00~午後1:00)

ページトップへ