がん相談支援センター

相談支援業務


1.がん相談支援センターってどんなところ???

  • 「がん相談支援センター」のロゴマーク

「がん相談支援センター」は、全国にある「がんに関するご相談の窓口」です。

私たち群馬県立がんセンターの「がん相談支援センター」は、看護師、ソーシャルワーカー、臨床心理士、医師が所属しています。最初に患者さんやご家族等の相談をお受けしているのは、ロゴをかたどったバッチをつけている看護師、ソーシャルワーカーの相談員です。

紹介パンフレット


2.どんな相談ができるの???

「もしかして、がん???」、または、「がんになったことで起こる様々な悩みや不安がある時」、 どんなことでもかまいません。是非「がん相談支援センター」にご相談ください。


自分だけで、自分たちだけで悩まないで、一緒に考えましょう。

自分の気持ちを話すことによって、絡まった糸がゆっくりと解れるように、心の中にあるつらさや苦しみを和らげましょう。また、相談した内容が外部に漏れることは一切ありません。匿名でのご相談も可能です。


仕事のこと

  • 仕事を続けたい
  • 職場への伝え方
  • 上司に退職を勧められた


暮らしのこと

  • 自宅で療養したい
  • どんなサービスがあるのか知りたい

治療のこと

  • 治療方法に悩んでいる
  • セカンドオピニオンを受けたい
  • 緩和ケアってなに?

医療費のこと

  • 医療費や経済的なことが心配

病気のこと

  • がんと診断されどうしたらいいの
  • 痛みや症状が不安

私達相談員は、医師や看護師、がん専門・認定看護師、薬剤師、栄養士、臨床心理士、リハビリスタッフ等の病院の職員と連携をとりながら支援していきます。

また、自分自身ががんになったことを子どもへどのように伝えたらいいの、どうしたらいいのと悩まれ、その気持ちを誰に相談したらいいのかと悩まれる方もいらっしゃいます。このような時もご相談ください。大切なお子さんのことを一緒に考えましょう。

HopeTree(http://www.hope-tree.jp/)「パパとママががんになったら」のご案内

がんになった親を持つ子どもたちを前に戸惑っている方たちに、彼らのためにできることが自然に見つけられるよう、子どもたちのことを知るための情報を提供するサイトです。



がんになって働くことに困っていませんか

 

    • がんと診断されたら退職しなくてはいけないのか
    • 職場に病気の事を伝えた方がいいのか
    • 治療のため仕事を休めるのか
    • 治療中、治療後も仕事を続けたい
    • 復職したいが職場に迷惑をかけないかと心配

就労支援担当の医療ソーシャルワーカー(MSW)が最初にお話を聞かせていただき、内容に応じて就労に関する専門家(社会保険労務士等)、職場の産業看護師や関係者と連携し支援していきます。実際に相談を受けた患者さんから「専門家から具体的な助言を得ることで仕事が続けやすくなった」「職場と前向きな話し合いができるようになった」「いざという時は社会保障制度を利用できると知り安心した」との感想が寄せられています。


日頃の疑問を専門家に聞いてみませんか?



今、仕事のことで悩んでいたら、是非辞める前に相談してください。一緒に考えましょう。

国立がん研究センターがん対策情報センター「がんと仕事のQ&A」


3.費用はかかるの???

「がん相談支援センター」は、患者さんやご家族のほか、地域の方々はどなたでも無料でご利用いただけます。


4.相談方法・日時・場所

面談やお電話でご相談をお受けしています。平日9:00~17:00で対応しています。

面談希望の方は、群馬県立がんセンター内1階16番窓口「がん相談支援センター」へお越しください。

代表番号 0276-38-0771

直通電話 0276-60-0679





臨床心理士による「こころのケア」


患者さん・ご家族の方へ

  • 臨床心理士とは?
    臨床心理学にもとづいた知識や技術を活かして、がん患者さん・ご家族の「こころ」の健康を支える専門職です。

  • どのようなときに臨床心理士と会うとよいか?
    当院に通院・入院しているがん患者さん・ご家族が、「こころ」の不調を感じて「つらい」「困っている」ときです。
    ふだんよりも、「不安」「考えてばかりいる」「悲しい」「涙もろい」「どきどきする」「こわい」「楽しめない」「イライラする」「人に会いたくない」「落ち込む」などで、「つらい」「困っている」場合です。

  • どのようなことをするのか?
    臨床心理士は、主に「対話」をとおして、「こころ」の健康を支えます。
    「対話を大切にしたい」「誰かに気持ちをわかって欲しいけれどわかってもらえない」「誰かに気持ちを相談したいけれど相談できていない」「人に相談したけれどすっきりしない」という方に合うかもしれません。

  • どこに行けば臨床心理士と会えるのか?
    臨床心理士は、原則として、医師・看護師・相談員が臨床心理士との面接が必要であると考えて、ご本人も面接を望んでいる場合にお会いしています。医師・看護師・相談員にお申し出ください。


がん医療に関心のある臨床心理士・学生の方へ

  • 実務研修生(臨床心理士)の募集
    当院には給与を得ながらがん医療で活動する力を身につける実務研修生制度があります。
    医師・看護師・相談員をはじめとした多職種と連携しながら「こころ」のケアを進めるとともに、カンファレンス、症例検討会、院内外の勉強会をとおして、サイコオンコロジー(Psycho-Oncology:精神腫瘍学)、緩和ケアを学びます。
    期間は3年間。主たる業務は心理面接。臨床心理士は計3名で活動しています。
    詳しくは群馬県又は当院ホームページをご覧ください。(2017年度:申込期限8月16日、考査日9月3日)




地域医療機関との連携

  • がんセンター

がん相談支援センターでは、がんセンターと地域の医療機関が連携して地域全体で患者さんの医療を支えるために地域医療連携に取り組んでいます。こうした事務を担う『地域医療連携室』では、患者さんがそれぞれお住まいの地域で安心して治療にあたれるよう、地域医療機関との連携に努めています。


地域医療連携とは

  • 地域医療連携室

病院の機能分化という言葉をご存じでしょうか?がん治療の専門病院である群馬県立がんセンターが高度ながん治療を提供する役割を担い続けるためには、がん以外の疾患や風邪等の一般的な症状の診断・治療を行う役割を地域の診療所や総合病院などに担っていただく必要があります。これが病院の機能分化であり、地域の医療機関との連携が不可欠となっています。地域連携室は、当院が質の高いがん治療に専念するために、地域の医療機関との密接な連絡体制の構築と、患者さん一人ひとりに適した医療機関の把握を行い、地域の医療機関との連携を行っています。


地域連携による患者さんのメリット

がんセンターでの治療を終え、容態が落ち着いた患者さんは、身近な医療機関のかかりつけ医に日常の診察や血液検査等を行っていただきます。それにより、患者さんは診察待ち時間の短縮、通院の負担軽減、身近なかかりつけ医に日々の病気に対応してもらえるといったメリットを享受することが出来ます。もちろん、万一再発の兆候などが見えた時には、再びがんセンターで精密検査や治療を受けていただきます。


地域医療連携室は具体的に何をしているの?

地域連携室は、がんセンターと地域の医療機関のかかりつけ医の間における患者さんの容態に関する情報交換の事務手続きを行っています。患者さんが初めてがんセンターに来院される際に、地域の医療機関からの予約・紹介状などを当院のカルテに取り込みます。また、当院で入院・治療を行い、退院される際には、地域の医療機関へ診療情報提供・予約を行います。退院後、地域の医療機関へ通院されている間は、かかりつけ医による診察・血液検査等の情報を受け取り、当院のカルテに取り込んでいます。





セカンドオピニオン外来

セカンドオピニオン外来では、当センター以外の主治医におかかりの患者さんを対象に、診断内容や治療法に関して当センターとしての意見・判断を提供いたします。
その意見や判断を、患者さんがご自身の治療に際してのご参考にしていただくことが目的です。
セカンドオピニオン外来





がんに関する情報の提供

1F正面入り口右手にがん情報コーナーを設置し、各種がん、医療費、食事、がんと療養、診療、からだ、こころ、暮らしに関する冊子とともに、がんに関する各種パンフレットや雑誌等をご用意しています。
冊子についてご不明な点やご質問がありましたら、がん相談支援センター(16番窓口)0276-38-0771へお問い合わせください。


以下のサイトにもがんに関する様々な情報がアップされています。ご利用ください。

がん情報サービス

群馬県保健予防課(がん対策推進室)県内のがんに関する情報



  • がん診療連携拠点病院指定病院

診療日 月曜日から金曜日(祝日・年末年始を除く)
各科の診療日は外来担当医表でご確認ください。
受付時間 午前8:30~午前11:00
代表電話 0276-38-0771
予約専用電話 0276-38-0762(平日 午前9:00~午後5:00)

ページトップへ