放射線科

ご案内

  • 放射線科には、画像診断部門と放射線治療部門の2つがあります。 画像診断部門は、放射線診断部門 をご覧ください。


 放射線治療部門では放射線を用いてがんの治療を行っています。放射線治療はがん治療の3本柱(手術・放射線治療・化学療法)の1つであり、放射線をがん細胞に当てる(照射する)ことで治療します。放射線治療は手術・化学療法に比べて副作用が少ないことが多く、また、近年急速に治療装置・技術が進歩しており、多くの疾患で治療成績が向上しています。

 当センターではこういった治療装置・治療技術の進歩に対応し、患者さん一人一人に最適な、効果が高く副作用ができるだけ少なくなるような治療を心がけています。疾患によっては、化学療法や手術と組み合わせて放射線治療行うことがあります。また、周辺医療機関からの治療相談や実際の治療も受け入れております。

当センターでは主に以下の放射線治療を行っております。

  • 外部照射
    • 3次元原体照射(3D−CRT)
    • 強度変調放射線治療(IMRT・VMAT)
    • 定位放射線治療(SRS・SBRT)
  • 小線源治療
    • 密封小線源治療
      婦人科腫瘍に対する高線量率腔内照射・組織内照射(HDR−RALS)
      前立腺癌に対するヨード125シード永久刺入治療
    • 非密封小線源治療
      甲状腺腫瘍に対するヨード131内用療法
      転移性骨腫瘍に対するストロンチウム89治療

施設紹介

当センターでは外部照射装置2台、小線源治療装置1台が稼働しています。外部照射ではIMRT(強度変調放射線治療)やIGRT(画像誘導放射線治療)を積極的に行っています。IMRTは主に前立腺癌や頭頸部腫瘍などの患者さんに対し行っています。

外部照射装置(リニアック)

  • Clinac 21EX(VARIAN製)

    Clinac 21EX(VARIAN製)

  • Novalis Tx (VARIAN製)

    Novalis Tx (VARIAN製)


IMRTとは

 IMRTとは、放射線照射中に放射線を遮蔽する小さな金属製の仕切りを動かし、放射線の強さを変化させながら治療を行う技術です。この方法を用いることで、複雑な形状の腫瘍に合わせて正常臓器を避けながら治療が行えるので、副作用を軽減できるという利点があります。当センターでは2015年度からIMRTの進化形であるVMAT(強度変調回転照射)と呼ばれる最新の照射法での治療を開始しました。これにより従来行っていたIMRTに比べて同等以上の治療計画が作成でき、治療時間の短縮も可能となりました。

  • VMAT治療計画の1例

    VMAT治療計画の1例


小線源治療とは

小線源治療とは体内に放射線を放出する小さな粒子(小線源)を送り込み、内部から病巣に放射線を照射する治療です。当センターでは婦人科腫瘍に対してマイクロセレクトロンHDRを用いた腔内照射を行っております。また、通常の腔内照射で対応困難な病変には組織内照射を併用した、ハイブ リッド腔内照射と呼ばれる治療を行っております。治療計画はCT画像を元に3次元治療計画を作成するIGBT(画像誘導小線源治療)を行っています。これまでは別室でCT画像を撮影していましたが、2016年4月からは小線源治療室内にCTを設置し、より高精度なIGBTがこれま でより治療時間を短縮して可能となります。
  • 小線源治療室

    小線源治療室

  • マイクロセレクトロンHDR

    マイクロセレクトロンHDR


  • IGBT治療計画の1例
  • IGBT治療計画の1例
IGBT治療計画の1例

放射線治療(外部照射)の流れ


1.診察

放射線治療担当医師が診察を行い、全身状態、画像検査結果などを参考にして治療方針を決定します。

2.治療計画

  • ①治療計画CT装置で、治療範囲の画像情報を取得します。この時、毎回同じ場所に放射線を正しく照射するために、頭頸部など動きの大きい部位の治療を行う場合は、体を固定するためのプラチック製の固定具(シェルと呼びま す)を作成します。CT撮影終了後、皮膚にインクなどで仮のマークをつけます。
  • 治療計画CT装置

    治療計画CT装置

  • 固定具(シェル)

    固定具(シェル)


  • ②放射線治療医が治療計画CTで得られた画像をもとに、コンピューターを使用して放射線治療を行う範囲・照射線量を定めた放射線治療計画を作成します。
  • 治療計画の1例

    治療計画の1例

  • 治療計画の1例

    治療計画の1例


  • ③X線位置決め装置などを使用して、放射線治療医が作成した計画をもとに治療範囲を示すマークを皮膚につけます。

3.放射線治療

 放射線治療装置の台に寝ていただき、治療計画の時につけた皮膚マークに位置を合わせて的確に照射を行います。照射前には、適宜CTやX線写真を撮影して治療位置がずれていないかを確認します。治療は連日(週5回)行われますが、治療回数は疾患の種類・状態によって大きく異なります。
 治療時間は通常初回は照射位置の確認のため10~20分程度かかりますが、2回目以降は治療だけとなりますので約10~15分程で終わります。


4.経過観察

治療期間中は、最低でも週に一度は担当医師の診察があります。治療終了後にも定期的に治療医師の診察があります。

主な実績


平成28年度新規放射線治療患者の部位別頻度
部位症例数割合(%)
乳腺16325.3
泌尿器系14622.6
頭頸部(甲状腺を含む)7812.1
肺・縦隔9314.4
婦人科609.3
食道192.9
胃・小腸・大腸203.1
その他6610.2
総数645

100.0



平成28年度治療件数
IMRT(強度変調放射線治療)
前立腺がん99
頭頸部50
その他16
小線源治療
マイクロセレクトロン高線量率照射58
ヨウ素125永久挿入療法4
放射性ヨウ素131治療29
ラジウム225(ゾーフィゴ)2



主な認定

  • 日本医学放射線学会放射線科専門医総合修練機関
  • 日本放射線腫瘍学会認定施設

医師紹介

 

職・氏名

卒業年次・大学


専門領域

資格等

放射線治療部長
(重粒子線治療室長)
江原 威

平成6年
群馬大学医学部


肺癌

日本医学放射線学会放射線治療専門医
日本がん治療認定医機構がん治療認定医

部長
永島 潤

平成17年
群馬大学医学部


放射線治療

日本医学放射線学会放射線治療専門医
日本がん治療認定医機構がん治療認定医
日本医師会認定産業医

部長
安藤 謙

平成19年
群馬大学医学部


放射線治療

日本医学放射線学会放射線治療専門医
日本がん治療認定医機構がん治療認定医


  • がん診療連携拠点病院指定病院

診療日 月曜日から金曜日(祝日・年末年始を除く)
各科の診療日は外来担当医表でご確認ください。
受付時間 午前8:30~午前11:00
代表電話 0276-38-0771
予約専用電話 0276-38-0762(平日 午前9:00~午後5:00)
(土曜日 午前9:00~午後1:00)

ページトップへ