泌尿器科

ご案内

腎癌、腎盂癌、尿管癌、膀胱癌、尿道癌、副腎癌、前立腺癌、精巣癌、陰茎癌を専門的に治療しています。


方針

専門的に行っている手術・治療
腎癌

腹腔鏡下に腎臓摘出術だけでなく、腎癌のみを切除する腎部分切除手術(正常の腎組織を温存します)を行っていますが、癌が大きい場合は、開腹手術を施行しています。
転移癌には分子標的薬など積極的に新しい治療をとりいれています。

尿管癌

内視鏡診断やMRIなどの画像診断に基づいて治療を計画しています。抗がん剤治療と組み合わせ、手術や放射線治療を行っています。
転移癌は、抗がん剤治療が中心になります。

膀胱癌

早期癌は内視鏡的に全例切除しています.術後は、状態に応じて外来で再発予防治療を行います。
進行癌に対しては、膀胱摘出術が第一選択ですが、抗がん剤と放射線治療を併用した膀胱を温存する治療も行っています。
膀胱摘出例には尿路変更が必要です。尿路変更として、回腸導管、自然排尿型の代用膀胱作成、尿管皮膚瘻作成を行っています。
自然排尿型代用膀胱では、自然に近い排尿ができます。

前立腺癌

早期癌には、腹腔鏡による前立腺摘出術か放射線療法を行っています。
早期癌の一部にI125密封小線原永久挿入療法(プラキセラピ)を行っています。
予後が良好と予想される早期癌では、無治療で経過を見ていく監視療法を行っています。
局所進行癌には、内分泌治療と放射線治療の併用を行っています。

精巣癌

全例で腫瘍のできている精巣の摘除を行い、組織型を見極めます。
再発予防として、放射線治療や抗がん剤治療を行なうことがあります。転移がある場合や再発例では、抗がん剤治療後,残った腫瘍は手術により摘出したり、放射線照射をしています。


泌尿器癌の緩和的治療

転移癌で治療が非常に困難な症例には、癌性疼痛を十分に取る治療を行います。
放射線治療により転移による痛みを抑制します。
癌性疼痛を起こしている神経をブロックする治療を、麻酔科の先生と共同で行います。
全身の痛みがある患者さんにはモルヒネを使用しています。


主な実績

泌尿器科手術件数
 平成24年度平成25年度平成26年度平成27年度平成28年度
根治的腎摘74567
腎尿管全摘114483
ラパロ腎摘(部切含)191016(4)15(8)18(4)
ラパロ腎尿管56395
膀胱全摘1312484
前立腺全摘413426635
ラパロ前立腺全摘  3210
前立腺小線源24141743
TUR-Bt124111116122111
高位精巣摘出72724
前立腺生検170175173204176
腎ろう造設1211151113
尿管ステント133127144148180

主な認定

  • 日本泌尿器科学会専門医教育施設

特徴

当科の特徴は、泌尿器科だけではなく、放射線診断部門や放射線治療部門などと連携をとって、お一人お一人の患者さんの満足のいく治療を提案することです。必要であれば、リハビリ部門や臨床心理士、薬剤師、栄養チーム、緩和ケアチームとも協力して患者さんを支えていきます。

医師紹介

 

職・氏名

卒業年次・大学


専門領域

資格等

泌尿器科部長
(病棟部長)
清水 信明

昭和60年
群馬大学医学部


泌尿器科

日本泌尿器科学会指導医・泌尿器科専門医
日本がん治療認定医機構がん治療認定医
日本泌尿器内視鏡学会泌尿器腹腔鏡技術認定医
日本内視鏡外科学会技術認定医

部長
蓮見 勝

平成6年
群馬大学医学部


泌尿器科

日本泌尿器科学会指導医・泌尿器科専門医
日本泌尿器内視鏡学会泌尿器腹腔鏡技術認定医
日本がん治療認定医機構がん治療認定医
日本内視鏡外科学会技術認定医(泌尿器腹腔鏡)

部長
村松 和道

平成15年
群馬大学医学部


泌尿器全般

日本泌尿器科学会指導医・泌尿器科専門医
日本泌尿器内視鏡学会泌尿器腹腔鏡技術認定医

技師
加藤 舞

平成28年
群馬大学医学部


泌尿器科

 


  • がん診療連携拠点病院指定病院

診療日 月曜日から金曜日(祝日・年末年始を除く)
各科の診療日は外来担当医表でご確認ください。
受付時間 午前8:30~午前11:00
代表電話 0276-38-0771
予約専用電話 0276-38-0762(平日 午前9:00~午後5:00)
(土曜日 午前9:00~午後1:00)

ページトップへ