歯科口腔外科

ご案内

口腔は消化管の上部を占め、その働きは多岐にわたり、食物の摂取、咀嚼、唾液による消化はもちろん、これを飲み込む嚥下や呼吸のための気道としての働きは生命維持にかかわります。また、口腔は味覚を感じたり、言語を発するための構音などの機能や、審美のうえでも重要です。

がん治療中、治療の影響によるさまざまな口腔内の症状や、口腔内の細菌を原因とした合併症が起こることがあります。疼痛や栄養状態の悪化などにより、がん治療の継続が困難となることもあります。がん治療開始前からの口腔管理が重要です。


方針

当科では、がん治療に伴う口腔合併症を予防するための口腔管理を重点的に行い、口腔症状の緩和や副作用の予防・軽減を目指しています。歯科支持療法の主な内容は以下のようになります。


  • がんの外科手術における感染リスク(誤嚥性肺炎などの呼吸器合併症や創部感染)低減のための術前術後の口腔ケア介入
  • がん化学療法中(特に造血幹細胞移植や大量化学療法)の口腔管理
  • 頭頸部がんに対する放射線化学療法中の口腔管理
  • 薬剤関連顎骨壊死の予防・治療

現在症状がない歯であっても、がん治療に影響が起こる可能性がある歯は、抜歯などの処置が必要になることがあります。主治医と相談し、がんの治療スケジュールに合わせて決定します。抜歯が多数であったり、全身状態に不安がある場合は入院下での対応も可能です。
虫歯や入れ歯作成などの一般的な歯科治療については、基本的には当科では行いませんが、がん治療に関する連携講習会を受講した歯科医院を紹介することができます。がん治療中の歯科治療について不安がある場合はご相談ください。


埋伏歯の抜歯や顎骨嚢胞、口腔粘膜疾患などの口腔外科疾患の対応も行っています。口腔内に生じた悪性腫瘍は、頭頸科へ院内紹介、もしくは共同診療で対応します。


  • 口腔領域の歯原性腫瘍、嚢胞など
    顎骨などに歯を原因とする嚢胞や歯原性腫瘍が生じることがあります。良性がほとんどですが、歯原性腫瘍の中には再発しやすいものもあります。当科で治療、経過観察を行います。
  • 口腔粘膜疾患
    (白板症,扁平苔癬,口腔カンジダ症,ヘルペス性口内炎など)
    口腔粘膜疾患の症状は非常に多彩であり、局所に限らず全身疾患の一症状として生じることがあります。特に、口腔粘膜の白斑や紅斑として見られる白板症や紅板症は前がん病変であるため、精査と長期の経過観察が必要です。また、早期の口腔がんは症状に乏しく鑑別が難しいこともあるため、なかなか治らない口内炎などの症状が続くときには受診をおすすめします。

主な実績・認定

治療件数
 平成23年度平成24年度平成25年度平成26年度平成27年度
抜歯(埋伏歯)16415114310774
その他201160156254238
合計365311299361295
周術期口腔機能
管理計画策定件数
 100308564609

医師紹介

職・氏名

卒業年次・大学


専門領域

資格等

部長
新垣 理宣

平成17年
東北大学歯学部


歯科口腔外科

日本口腔外科学会認定医
日本歯科放射線学会認定医


  • がん診療連携拠点病院指定病院

診療日 月曜日から金曜日(祝日・年末年始を除く)
各科の診療日は外来担当医表でご確認ください。
受付時間 午前8:30~午前11:00
代表電話 0276-38-0771
予約専用電話 0276-38-0762(平日 午前9:00~午後5:00)

ページトップへ