消化器内科

ご案内

消化器内科では、上部消化管(食道・胃・十二指腸)・下部消化管(大腸・直腸)・肝胆膵(肝臓・胆道・膵臓)領域の腫瘍に対する検査・診断・治療を専門としており、これまでに多くの診療実績をあげてきました。


方針

最近では、特に咽喉頭(のど)・食道・胃・大腸がんの早期発見・診断・治療に力をいれています。早期がんであっても内視鏡的治療が困難な病態やこれらの治療で治癒が見込めない症例、一方、進行癌であっても手術可能な症例や、化学療法後に腫瘍の縮小が得られ手術可能となった症例は消化器外科に外科的治療をお願いしています。このように当科の最大の特徴は、消化器内科だけではなく、消化器外科・放射線診断部門などとの密接な連携のうえに、お一人お一人の患者さんにおいて総合的な判断によって個々の治療方針を決めてゆく過程にあります。


対象疾患と治療

疾患治療法
食道の前癌病変や粘膜上皮内癌
  • 内視鏡的ポリペクトミー
  • 内視鏡的粘膜切除術(EMR)
  • 内視鏡的粘膜下層剥離術(ESD)
胃・大腸の腺腫、粘膜内癌
  • 内視鏡的ポリペクトミー
  • 内視鏡的粘膜切除術(EMR)
  • 内視鏡的粘膜下層剥離術(ESD)
消化管の癌性狭窄
  • 内視鏡的ステント治療
胆管の癌性狭窄
  • 内視鏡的ステント治療
  • PTBD(経皮経肝胆管ドレナージ)
肝癌
  • RFA(ラジオ波焼灼療法)
  • TACE(肝動脈化学塞栓療法)
転移性肝癌
  • 抗癌剤リザーバー動注療法

特に当科が得意とする分野は、以下のとおりです。


表在食道がん・早期胃がん・早期大腸がんに対する内視鏡的粘膜下層剥離術(ESD)

早期がんの内視鏡治療の主流であり、かつ高度な技術を要する内視鏡的粘膜下層剥離術(ESD)を積極的に行っています。従来の内視鏡治療では思うように切除できなかった難しい症例も、外科手術でしか切除できなかった大きながんも、このESDで切除できるようになりました。そのESDは、各種臓器の治療ガイドラインに則り、主に食道・胃・大腸(直腸)で実施してきましたが、近年では頭頸科の協力のもと、咽喉頭(のど)のがんも内視鏡治療を行っています。また、ESDは通常、内視鏡室において静脈麻酔のもと行われていますが、当科では長時間の治療が予想される場合や静脈麻酔が効きづらい患者さんに対して、麻酔科医師の協力のもと、手術室で全身麻酔下のESDを行なっています。治療中は麻酔科の医師が全身管理を行うため、より安全に苦痛なく治療を行うことが可能となりました。内視鏡を用いたこの治療では、入院日数も開腹手術と比べて短期間で退院が可能です。

  • a.病変部を確認し切除範囲のマーキングを行います。

  • b.粘膜下層に局注液を注入し、病変部を隆起させたあとにマーキング周囲の切開と粘膜下層の剥離を行います。

  • c.粘膜下層の剥離が終了し、切除が完了しました。切除後には胃潰瘍ができますので胃薬を服用して潰瘍を治癒させます。


  • d.切除された標本です

  • e.治療後1-2ヶ月で潰瘍は治癒します


進行消化器がんに対する全身化学療法ならびに緩和治療

当院ではそれぞれのがんに対する最新の臨床試験の結果をもとに、標準的化学療法を実施しています。

また、新しい治療法の開発を行うため、多施設共同研究グループに参加し、臨床試験を活発に行うことで、よりよい治療法の確立に貢献できるようつとめています。

来院された患者さんには現在の病状や、治療法の選択肢について時間をかけて納得がいくまでお話をします。そのうえで、患者さんにとって最良な治療法を一緒に考えていきます。

多くの患者さんに少しでも早く安全に治療を開始できるようにするため、治療の導入は短期間入院していただき、通院治療センターの外来にて抗がん剤治療を行っています。

これは患者さんの生活に配慮し、できるだけ普段に近い生活が送れるように考慮しているためです。

また、がんの進行による痛みや食欲低下など、患者さんの苦痛となる症状を和らげることを目的とした緩和医療にも積極的に取り組んでいます。院内の緩和ケアチームや栄養サポートチーム(NST)などとも連携をとりながら、患者さんの病態に応じたきめ細やかな緩和医療を提供いたします。



肝臓がんに対するラジオ波焼灼療法・肝動脈化学塞栓療法

当院では肝癌診療ガイドラインに則り、肝予備能や癌の状態に応じて、最適と思われる治療法を選択しています。消化器内科ではRFAおよびTACEを行っています。背景に肝硬変を合併していることの多い、肝臓がん患者さんにとって侵襲の少ない治療を心がけています。


主な実績・認定

 
疾患(悪性)別治療件数
疾患別<悪性>2425262728(年度)
食道癌824341510
胃癌112182282283275
大腸癌2142517181
肝細胞癌264295292260254
胆道癌2823424222
膵癌4870949657
カルチノイド113213
その他1618203117
498655818800729

疾患(良性)別治療件数
疾患別<良性>2425262728(年度)
胃腺腫13132364
大腸ポリープ7510712010375
その他1223241715
10014316712694

治療法別治療件数
治療法別2425262728(年度)
内視鏡治療190
(ESD69)
165
(ESD90)
252
(ESD112)
272
(ESD135)
260
(ESD139)
TAE・リザーバー203220234213204
RFA61111912
PT(G)BD411672
ERCP・EBD17241077
癌化学療法70153250242179
放射線治療8310136
精査1428201811
緩和治療6510596107152
内科的治療79111144113114


  • 日本内科学会認定医制度教育関連病院
  • 日本消化器病学会専門医制度認定施設
  • 日本消化器内視鏡学会専門医制度認定指導施設
  • 日本臨床腫瘍学会認定研修施設

医師紹介

職・氏名

卒業年次・大学


専門領域

資格等

消化器内科部長
野川 秀之

平成4年
群馬大学医学部


消化器内科
消化器内視鏡
肝臓内科

日本消化器内視鏡学会消化器内視鏡専門医

部長
保坂 尚志

平成12年
北里大学医学部


消化管癌に対する全身化学療法ならびに内視鏡診断・治療

日本内科学会認定内科医・指導医
日本消化器病学会消化器病専門医・指導医
日本静脈経腸栄養学会認定医
日本消化器内視鏡学会消化器内視鏡専門医・指導医
日本がん治療認定医機構がん治療認定医
日本消化器病学会関東支部評議員
日本消化器内視鏡学会関東支部評議員
日本ヘリコバクター学会H.pylori(ピロリ菌)感染症認定医

部長
山下 哲

平成19年
昭和大学医学部


消化器内科
内視鏡診断、治療

日本内科学会認定内科医
日本消化器内視鏡学会消化器内視鏡専門医
日本静脈経腸栄養学会TNTドクター
東毛GIセミナー世話人
東毛消化器病懇話会世話人

早期診断・医療連携のお願い

他医で異常を指摘され、当センターを受診される方は、必ず紹介状をお持ちのうえ、受診ください。

良性疾患や慢性疾患はお近くの病院・診療所との連携を薦めています。




  • がん診療連携拠点病院指定病院

診療日 月曜日から金曜日(祝日・年末年始を除く)
各科の診療日は外来担当医表でご確認ください。
受付時間 午前8:30~午前11:00
代表電話 0276-38-0771
予約専用電話 0276-38-0762(平日 午前9:00~午後5:00)

ページトップへ